えぞばふんうにのひとりごと

羅臼特派員通信・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

晩秋ヒメマス

sss-144667.jpg
ヒメマスの産卵がピークを迎えているようです。
赤く染まった魚体は婚姻色、普段は銀色なんです。
今年は去年より数が多いような・・・?
それにしても水がきれいなので空でも飛んでるみたいですね。

おととしのヒメマスだよ~
[ 2015年11月28日 08:42 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(6)

ハコダテギンポ、ペアリング中

sss-173230.jpg
ハコダテギンポ・・・北の海に住むニョロニョロした魚ですが
近頃はペアリングの季節のようですね。
空き家になった貝の中で仲良く寄り添っています。
このまま産卵してくれると、隙間があるのでなんとか撮影できるかな~
ギンポ夫婦と、卵塊。イイネ。
立派なタマゴを産むのだぞよ。頑張れギンポ夫婦!
[ 2015年10月23日 19:26 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(4)

雨上がりのオショロコマ

sss-130485_20151008125923bbf.jpg
雨が降った後の川は当然のことながら濁っています。
それを承知で潜ってみますと・・・
オショロコマたちがけなげにも群れておりました。
いつも水がいいときばかりとは、限りませんからね。
もしかして美しい婚姻色はこちらのほうがより映えるのでは?
もうちょっとしたら水もキレイに抜けてくれることでしょう。
[ 2015年10月08日 13:26 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(7)

クロガシラ、華麗に舞う

sss-558655.jpg
クロガシラが海底付近をユラユラと泳いでおります。
フワフワ、気持ちよさそうですよ。
そして海底にはホタテがびっしりと・・・
とてもクリアな海中の風景ですが、岸からほんの数メートルのところなんです。
きれいな海って、イイね~!!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
この豊かな自然を後世に伝えないとね。
いつもポチッと応援ありがとうございます

[ 2015年09月24日 07:37 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(8)

恐怖!カギノテクラゲ舞う

sss-139005.jpg
笠の直径は2センチ足らずの、このクラゲ
小さいながら毒の強さは折り紙つきで、触手に触れるとちょっとヤバし。
吐き気がした!とか、なんだか息苦しくなった!との報告例続々。
笠の周りにあるグリーンの蛍光色はなかなかよい雰囲気ですが・・・
小粒でも、ピリリとからい(痛い)カギノテの舞い。あぶないあぶない。
[ 2015年09月18日 21:40 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(9)

カラフトマス遡上はじまる

sss-9673.jpg
今年はどうやらカラフトマスが大漁のようですな~
産卵のため続々と知床の川に帰ってきました。
魚体も大きいので大迫力です。
去年はさっぱりでしたからね。さらに集まるといいなあ

オスのセッパリがまた迫力モノ

こちらは一昨年の川です。
[ 2015年08月30日 21:53 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(6)

ガヤ群れる羅臼の海

sss-118505.jpg
羅臼の海でいつもパラパラと群れているエゾメバル、ガヤと呼ばれてますが
今年はとにかく数が多いですね~
何年も潜ってますがこんなのも初めてですよ。
地味なサカナで動きもバラバラですが、これだけ多いと壮観です。

2年前のガヤたちと比べると、その違いが・・・
[ 2015年08月21日 20:16 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(4)

深海よりの使者

sss-118057.jpg
深海魚・・・なんとなく得体の知れない怪しい語感がタマリませんね~。
真っ黒な魚体、独特な口の形、体側の発光器、そして特徴的な蒼い目
マメハダカというそうですが、今回初めて見ることができました。
特にこの目の色にはびっくり、とても綺麗で感動しました。
マメハダカさん的にはこの青い目で私を見て何を思うのか・・・
[ 2015年08月18日 20:51 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(7)

燃える赤鬼の肖像

sss-S4Q_6543_20141101221307696.jpg
羅臼の海で真っ赤なオニカジカを発見!
だいたいピンク色っぽいのが多いようですが
これは燃える炎のような体色、さしずめ赤鬼といったところでしょうか。
周囲の色ともさっぱり合っていないところが堂々としていて結構です。

こちらは黒鬼
[ 2014年11月04日 22:14 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(6)

ホタテとヒトデの熱き攻防

sss-116036.jpg
ホタテ貝がいっぱい棲んでいる羅臼の海底。
そんなホタテパラダイスにも外敵が迫ります。
ジワジワと近寄るヒトデ、そして水をバフッと噴射して逃げるホタテ!
生存競争の真っ最中で当人たちは真剣そのものでしょうが
屁でもひりながら逃げてるみたい。遊んでいるようにしか見えません・・・。

ヒャッホ~!それ逃げろ~!!!
[ 2014年10月26日 19:59 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(7)

アキギンポの秋深し

sss-88079.jpg
深まる秋・・・カイメンの隙間で卵を産み、外敵警戒中のアキギンポ。
全身はひょろ長いヤツなんですが、穴が深いようで顔だけ出してます。
そしてタマゴは白くてキラキラと綺麗で、産みたてのようですね。
もしかして撮影するワタシにちょっとびっくりしてるかも。
ストレスにならないように、さっと撮ってその場をあとにしました。

こちらは以前撮ったウスジリカジカです
[ 2014年10月20日 08:15 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(8)

ヒメマス安産祈願

sss-S4Q_5249.jpg
道東のとある水底でヒメマスが産卵の季節を迎えたようです。
どうやら砂利の部分に産卵するつもりのようで、
メスはせっせと尻尾で掃除していました。
そして見守りつつときどきプルプルと身体を震わせるオス。
メスが宝石のようなタマゴを産むのも間もなくのようですね。

オスたち乱入~
[ 2014年10月15日 02:14 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(6)

アヤボラのアート

sss-11115.jpg
羅臼の海中、アヤボラが産卵の季節を迎えました。
普段はさっぱり動かないし地味きわまりない貝ですが、
産卵となると途端に芸術家に変貌!
微妙にゆっくり動きながら、独特の模様を描くように産んでいきます。
中身がカラっぽなのは、もう既に産まれたのか???
[ 2014年10月04日 17:38 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(6)

ウマヅラな魚たち

sss-003225.jpg
ウマヅラハギの幼魚が群れています。
このウマヅラハギ、この辺ではちゅんちゅんと呼ばれてますが、
水揚げするとちゅんちゅん鳴くというウワサです。
そして漂うヨウラククラゲをみんなでちゅんちゅんとつつく。
ガヤいわく、そんなもん喰っておまえたちは・・・。ハラこわすなよ。
[ 2014年09月14日 20:53 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(6)

ああ失敗写真 水中編

sss-S4Q_1410.jpg
なんとも情けない写真でアレですが・・・
失敗写真を公開するのも勇気がいるものですね。
先日羅臼の海で潜っていましたらブリの群れに囲まれたんですが
マクロレンズ装着ゆえ、もうその時点ですでに失敗です。
でもやけくそで証拠写真撮影。
ブリらしき奴ら、そして白い丸は私の涙か、ため息か???
[ 2014年08月28日 16:58 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(8)

納涼イソバテングの舞い

sss-S4Q_1398.jpg
先日の台風くずれで濁った浅場もすっかり回復、
ウガノモクのまわりをゆっくりとたゆたうように泳ぐイソバテングのこども
フォルムもいいけど模様もいいねえ~格好いいですね。
疲れたら羅臼昆布の上で一休み
まあ天気もいいしね。のんびりしてね。
[ 2014年08月14日 21:44 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(2)

ナメダンゴのかくれんぼ

sss-159929.jpg
白いナメダンゴのお気に入りの場所は、紅白カンザシの下。
ちょいと隠れたつもりだったのに、あれ?見つかった!なんで?みたいなね。
超ビックリした顔がまた愉快です。
あんまりビックリさせるのも気の毒ですので
カンザシが引っ込まないよう、そ~っとその場を離れました。
[ 2014年07月29日 12:00 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(7)

スケトウダラの生きる道

sss-159646.jpg
ゆらりゆらりと優雅にただようヤナギクラゲ
その長い触手には毒があり、近づくものを痺れさせて捕らえます。
そんなえげつないクラゲに寄り添う小魚を発見!
どうやらスケトウダラの幼魚っぽいですね~
生き延びるため敢えて危険な場所に身を晒してるようですが
くれぐれも触手に触れないよう用心してもらいたいものですね。
[ 2014年07月23日 18:46 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(11)

ひとりぼっちのナメダンゴ

sss-159745.jpg
この春、たくさん孵化したナメダンゴの赤ちゃんも
活発なカジカやカレイたちに食べられてしまい、すっかり減少。あな寂し。
そんななかナマコの上でひとりぼっちのナメダンゴ君・・・。
心細さに耐えながら、強く生きる決意中、のようにみえます。
[ 2014年07月20日 17:55 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(4)

ホテイウオの赤ちゃん集合~~~!

sss-S4Q_8187.jpg
徐々に水温が上がってきた羅臼の海、だいぶ賑やかになってきました。
ホテイウオの赤ちゃんは生まれたらひとまず近くの海草に集合。
なんだかオタマジャクシ風ですがみんな微妙に模様が違います。
これがあの大きなゴッコになるなんて、ちょっと信じられないですね。
[ 2014年06月23日 08:23 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(10)

ヤドカリ愛の劇場

sss-156048.jpg
まだうら若きメスヤドカリと、それを手篭めにせんと襲い掛かるオス
羅臼の海底で今日もまた静かな愛のドラマが展開しております。
ツマベニホンヤドカリという種類ですが
オスの腕は毛がモジャモジャで背中にウミウシを背負ってますね。
そして身を硬くするメス・・・う~ん、いかにもそれっぽい雰囲気です(謎)
[ 2014年06月18日 08:15 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(4)

マーブル模様のスゴい奴、登場

sss-1907910.jpg
まるで歌舞伎の隈取模様、超サイケデリックな魚が登場してくれました。
体長約1センチ、ヒラダンゴの幼魚とのことですが詳しくはまだ分からず。
形からして時々登場するナメダンゴに近そうですね。腹の吸盤で岩にくっついてます。
それにしてもね~どうですこの模様。
羅臼の海はこういうのがたまに出る、まさに底知れない海・・・。

シッポがくるんとなってますね。
[ 2014年06月15日 21:18 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(8)

ワカサギの遡上

sss-S4Q_6584.jpg
道東の小川でワカサギの遡上がはじまりました。
ワカサギといえば冬、湖などでの穴釣りがおなじみですが
この時期産卵のために群れになって川を遡上します。
写真左にちょっとした段差があって泡がたってますね。
その段差をなんとか超えようとしているようです。
[ 2014年06月10日 11:35 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(8)

喰う者と喰われる者

sss-156102.jpg
春、水温の上昇とともに海中のサカナたちの活動も活発になります。
大食いのニジカジカ、ツマグロカジカを尻尾からガブリ
見てる間にどんどん自分の腹の中におさめていきます。
この食べっぷり、ちょっとマネ出来そうにありません。
[ 2014年06月02日 17:40 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(10)

ササキテカギイカ、その後

sss-155957.jpg
はるか深海からやってきたササキテカギイカ
子どもを孵化させる役目を終えると、あとは泳ぐ力も残ってません。
ふらふらと海面に上昇したところをゴメたちにつつかれ、海の藻屑に・・・。
気の毒ながらこれもまた大自然の掟。
命をつなぐドラマの終焉、しかと見させてもらいました。

終わりは始まり・・・
[ 2014年05月28日 10:30 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(8)

敦盛の舞い 羅臼編

sss-105768.jpg
アツモリウオと名のついたこの魚
平家の若武者、平敦盛が名前の由来だそうです。
写真は2匹ペアでいるところです。ちょっとわかりづらいかな???
でも良く見ると確かに華やかな鎧をまとったようなお姿
いにしえの古武士を彷彿とさせるようです。
[ 2014年05月23日 23:55 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(6)

深海から巨大イカ、現る!!!

sss-225151.jpg
ヒャッホ~~~でましたよ今シーズンも。
春にごりの中、深海からササキテカギイカさん登場です。
そもそも苗字(?)がある自体珍しすぎますが
イカなのに足が8本、黒いヒラヒラのなかにはタマゴがいっぱいです。
死力を尽くして浅場で子どもを孵化させるんですね。
感動をありがとう。
[ 2014年05月11日 19:49 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(11)

ダンゴイカ夜空を舞う

sss-333858.jpg
全長20mオーバーのダイオウイカから1cmのヒメイカまで、
イカの仲間はバリエーションがとても豊富です。
こちらは親指ほどの大きさのダンゴイカ。
エンペラもゲソもなんだかあどけない感じで可愛いですが
これでもれっきとしたオトナなんです・・・。

ふ~~~お散歩は終わりと。
[ 2014年04月29日 22:17 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(9)

真っ最中の毛ガニに迫る

sss-3319873.jpg
先日のタラバガニほどの超ビッグサイズではありませんが
この時期ケガニも相当にでかいのが見られます。
これはまた大威張りでどっしりかまえて貫禄十分!
メスを羽交い絞めというか、てごめにしてる最中です。
怒りの形相も甚だしいので早々に立ち去らせてもらいました・・・。
[ 2014年04月22日 07:50 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(10)

ウスジリカジカ卵保護中

sss-222017.jpg
北の海に住むカジカはとても種類が多くて憶えるのに苦労します
写真は卵保護中のウスジリカジカ
5センチほどの体長にしてはタマゴの粒は大きめです。
カイメンのちょっとへこんだところを上手く活用していますが
まだ発眼してないので孵化にはまだかかりそうです。
タマゴを狙う外敵多し、頑張れお父さん!
[ 2014年04月13日 16:27 ] カテゴリ:水中写真 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

boonies11

Author:boonies11
羅臼のえぞばふんうにです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング
PV
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。