えぞばふんうにのひとりごと

羅臼特派員通信・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

森の妖精、沢沿いにて湯浴み

sss-088 (2)
風薫る五月・・・五月病とは無縁っぽいワタシですが
このブログも五年、ここはやはり基本に立ち返るべきだろうと。
ならばマル秘の湯しかなかろうと。(?)
湯だまり作製にすっかり手こずりまして完成に2日を要しましたが
俗世を忘れ湯に浸る心地よさには代えられません・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
最初熱くてたいへんでしたがね。
いつもポチッと応援ありがとうございます
[ 2014年05月04日 06:55 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(9)

網走湖温泉 旅館もとよし

sss-File0035.jpg
網走湖温泉にあります、旅館もとよしさんにて日帰り入浴です。
こじんまりとした内湯ですが、とてもよくあったまりまして
撮影なんかちょこまかとやってるとのぼせてきそうですよ。
汗がダバダバと!出たぶんはビールでおぎないましょうかね。
因みに頭に載せてるのはタオルです。ヅラじゃありませんからね!
[ 2014年04月25日 21:11 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(10)

春まだ遠き湖畔のいで湯

sss-114609.jpg
1月は行く2月は逃げる3月は去るってね・・・。あっとゆう間です。
そんな感慨にひたりつつ、尻湯にひたる!??
ちょっと浅いのが難点ですが、温度はそこそこですね。
これで来たる春に向けて充電完了ってことで。

ああっ映り込みが~!
[ 2014年04月08日 19:45 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(11)

斜里町しれとこくらぶ

sss-221.jpg
羅臼のとなりまち、斜里町のしれとこくらぶさんで茶をすするワタシ。
風呂あがりみたいな寛ぎっぷりですが、実はほんとに風呂あがりなんです。
ここはカフェといいつつ日帰りの天然温泉も楽しめる!
なんともえぞばふんうに好みの素敵なスポットじゃあござんせんか。
薪ストーブの炎もあったかく、思わず長居したくなるお店ですね。
[ 2014年03月17日 22:05 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(10)

コタン温泉でハクチョウと

sss-110302.jpg
大好きな温泉の一つ、コタン温泉露天風呂にやってきました。
湖でたむろするオオハクチョウを間近に見ての入浴、
これだけいると鳴き声もガヤガヤと喧しいですね。
それもまた雄大な風景とあいまって一興というもの
ときどき気をまぎらわしつつの長湯とあいなりました。
[ 2014年02月24日 21:45 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(14)

女満別ひまわり温泉

sss-110722.jpg
女満別にあります、ひまわり温泉に来てみました。
高温と低温二つの浴槽がありまして掛け流しになっています。
羅臼熊の湯で産湯につかった(ウソ)というワタシは高温の湯へ。
とてもツルツル感のあるいい湯ですね~~~
結局あったまりすぎてグロッキーになっちゃいました。
[ 2014年02月06日 23:54 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(10)

嗚呼雪見の湯

sss-BNE_5358.jpg
冷えますなあ冬とはいえ。皆様お住まいの地域はいかがでしょう
そんななか私はオツな雪見の湯ってことで。
崖の岩盤からアツアツのお湯がじょぼじょぼ流れる怪しきスポット
そしてなんとかして入浴を試みる裸の妖精えぞばふんうに。
今年もこんな素敵過ぎるシーンをガツガツと紹介しますので!
[ 2014年01月22日 16:59 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(13)

阿寒湖温泉まりもの湯

sss-BNE_3950.jpg
先日都会の某温泉に入ったら体がかゆくなりました。塩素か?
デリケートなお肌が持ち味の私としてはやはり天然の湯がいいようで・・・。
そんな傷心とお肌を癒やすべく阿寒湖温泉まりもの湯へ。
マリモに見立てた槐の球で遊ぶワタシ
阿寒湖の底で静かに眠るマリモに想いをはせるのでした。
[ 2014年01月04日 09:17 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(12)

森の妖精、怪しき湯に浸かる

sss-114.jpg
朝もやけむる森で、森の妖精(ウソ)が怪しい湯に浸かっています。
なにやらドラム缶が地中に埋め込まれている様子・・・。
お湯は成分で濁ってますが湯温40度ほど、意外と快適でした。
ただドラム缶の外が泥なので上がった後が少々大変だったのでした。

正面から見た妖精
[ 2013年11月25日 09:05 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(16)

地の涯にある宿にて

sss-IMGP1756_201311070608111d1.jpg
さて今日は冬になると閉鎖される知床の一軒宿にやってきました。
その名もホテル地の涯!斜里町の岩尾別というところなんですが
いかにも端っこっぽいネーミングがそそります。
近くの無料露天風呂はヘビロテですがここは初訪問ですね。
周囲には鬱蒼たる原生林が広がり静寂そのもの。
広い露天風呂や丸太風呂などもあり、のんびりできました~!
[ 2013年11月07日 08:14 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(15)

地球の内側から出てきた男

sss-332433.jpg
秋といえば、いろいろありますがワタシの場合やはり温泉の秋。
今回の湯は岩盤にあいてる穴の奥から湧いているようです。
これがまた絶妙な湯温!は~気持ちいいわ~
せっかくの穴なので、いままさに地底から這い出した!
っぽく撮ってみました。ナベ持参で。
[ 2013年10月14日 18:08 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(17)

森の中の秘湯につかる

sss-S4Q_2378.jpg
蚊やブヨにさされまくって、常にどっかこっかカユい・・・。
まあこんなところで遊んでいれば当然なわけですがね。
今回またしても怪しき湯ですが、今度は湯温も量もばっちり!
どなたか管理されてるのでしょう、とても入りやすくなってましたね~
森に抱かれ、川の音を聞きながらの湯浴み、ああ有難し・・・。

ありがたすぎてこんなお姿に・・。
[ 2013年09月20日 21:40 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(14)

今度は滝行???

sss-BNE_2329.jpg
心身を浄化すべく滝に打たれるえぞばふんうに。
なんせ煩悩が多すぎましてね。困ったものでございます。
あ、当ブログをご覧の皆様の煩悩をも、ついでに清めましたので。
読めば功徳あり、えぞばふんうにのひとりごと!
さてここも温度は27度ほどとちょっと低め、この時期限定かな?

これを押すと更なる功徳が~!!!
  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
珍念さんは笹の葉っぱで隠すってことで。
いつもポチッと応援ありがとうございます
[ 2013年09月14日 16:37 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(16)

これがホントの岩盤浴

sss-BNE_2168.jpg
残暑厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ワタシはと申しますと、ご覧のとおり尻湯楽しみ中です。
ここは広い岩盤全体からお湯が染み出しておりまして
周囲はちょっと異様な風景が広がってます。オドロキです。
そしてどうにかこうにか湯だまりを作製。
湯温は少々低めですが、慣れました。尻だけ・・・。
[ 2013年09月06日 00:05 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(20)

遠軽町セトセ温泉

sss-IMGP1461.jpg
遠軽町の山あいに沸く、セトセ温泉
えぞばふんうにも大好きで何度か訪れています。
建物は年季ものですが、それがなんぼのもんでございましょう。
お湯はまさしく本物。価値は不変ですね。
時代を超えて生きつづける、そんな本物っぷりに脱帽です。

背泳ぎはよしなさい!

温泉犬はちょっとはにかみやさん。
[ 2013年08月25日 18:36 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(17)

中標津保養所温泉

sss-IMGP1189.jpg
中標津の街から程近い保養所温泉にきてみました。
ああ~広い露天風呂って気持ちいいですね~。
マル秘の湯もいいですが、こうゆうのもまた良いです。
おまけにすいてるのでついつい・・・???。
[ 2013年06月29日 02:02 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(20)

潮騒の湯に浸かる

sss-008515.jpg
ババンババンバンバン!ハァビバビバ!!!
イヤッホ〜~~久しぶりに新たないで湯を発見しました~。
最初はせいぜい足湯かなぁと思いましたが意外と深く掘れました。
狭いながらも胸まで浸かってますね。
この絶景に潮騒、おまけに適温43度とくれば
これはもしかして神様の贈り物じゃなかろうか???

違う角度から・・・
[ 2013年05月23日 08:23 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(13)

からまつの湯ひとり占め

sss-S4Q_7121.jpg
忙中閑あり・・・中標津、からまつの湯へ行ってきました。
けっこう人気の露天風呂ですが今日は人がいませんね。シメシメ
ここのお湯は熱くてとてもクリア、底の玉砂利がキラキラしてます
だらだらと半日過ごし、来たのはキツネとエゾシカだけでした。
[ 2013年05月15日 11:06 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(19)

足寄の一軒宿、芽登温泉にて

sss-BNE_7153.jpg
ひなびた一軒宿という形容がぴったりな、ここ芽登(めとう)温泉
足寄町の、ちょいと山奥にあるのです。
暗くなるとシマフクロウの鳴き声がどっからともなく聞こえまして
趣き深きことこのうえなし。
たまにこんなところでのんびりするのもまた一興ということで。

日本秘湯を守る会!
[ 2013年04月19日 21:49 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(16)

秘湯探しは終わらない

sss-BNE_6174.jpg
さあ引き続きまして怪しい湯!珍しく連発です。
山肌から湯がしみ出してますが・・・ちょっとぬるい。
なのでそこら辺のパイプを拾って熱い湯を引っぱるとゆう荒わざです。
これがまたうまくいきましてね~たまげましたよ我ながら。
寒い中すっかりポカポカにあったまらせてもらいました。

源泉はかなり熱いのです。

源泉でゆでたまご作成中。
[ 2013年03月19日 13:13 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(15)

謎が謎呼ぶ山奥の湯

sss-BNE_5607.jpg
建物が取り壊され、浴槽のみ残った温泉を発見!
怪し過ぎて普通の人は敬遠すると思いますが
わたし的にはウハウハです。(謎)
雪降りしきるなか思わず長湯となりました。
[ 2013年03月16日 21:36 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(14)

極楽なり氷上露天風呂

sss-BNE_5585.jpg
さてこのたびはワタクシ世にも珍しき温泉につかってきました。
その名も氷上露天風呂と申しまして
結氷した然別湖のうえにある冬季限定の温泉なのです。
お湯はもちろん源泉掛け流し、熱めの湯があずましいですよ。
それにしても湖の上!まさに唯一無二といっていいでしょうな~

大変良い!
[ 2013年02月28日 20:55 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(12)

ウトロの一軒宿 季風クラブでもの思う

sss-IMGP0650.jpg
雪の露天風呂につかりつつ、来し方行く末を思うえぞばふんうに。
ここは斜里町ウトロにあります季風クラブというお宿なのです。
今回初の宿泊となりましたが、実に居心地の良いお宿でありました
温泉もいいですが食事もすこぶる素敵です。
明日仕事休んでもう一泊するかなあ~~~

ドカ雪でもきれいに雪かきされてます。
[ 2013年02月02日 11:38 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(14)

謎の温泉 冬の荒行編

sss-39250_20130116205703.jpg
ああもう寒いったらたまらん感じですが、北国ならではですね。
そんななか言ってるシリから野外で裸になってるヤツが。私です。
湯温はちょうど良いもののとにかく風がものすごくて・・・。
負けてたまるか〜バカヤロ〜〜〜!
[ 2013年01月26日 21:39 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(19)

屈斜路湖物語・丸木舟

sss-BNE_4002.jpg
弟子屈町は古丹地区にあります、屈斜路湖物語・丸木舟さん。
レストランが主体のようですが今日の狙いは2階の展望風呂!
どうですこの屈斜路湖のパノラマ!開放感抜群です。
ちょっと夕暮れ時だったのでシルエットで決めてみました。
[ 2013年01月08日 20:33 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(16)

湖畔の秘湯で行く年来る年

sss-S4Q_2647.jpg
ああ、今年も終わろうとしつつありますな。
私の場合いつも通りに遊んでいる仕事なので正月気分はありません。
湖のほとりで野趣あふれる入浴をしながら一年を振り返ろうとしましたが
お湯があずましすぎて結局うとうとしてしまいましたよ。

は~どっこいしょっと。
[ 2012年12月29日 20:31 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(13)

川湯温泉公衆浴場

sss-BNE_2557_20121204215143.jpg
弟子屈町は川湯温泉街の一角に、なにげにたたずむ年季の入った建物
しか~し!ここのお湯は特筆ものなのです。驚愕のph1.6、強酸性です。
もう目に入ったらしみてしみて大変ですよ。
それだけに身体にもすこぶる効きそうな気配です。
ゆっくり反復入浴といきましょうか・・・。
[ 2012年12月05日 20:43 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(11)

地獄に沸く湯

sss-2599k.jpg
地獄の1丁目みたいな荒涼とした地に、こんこんと沸くお湯。
でも白濁した硫黄泉はワタシにとってはまさしく極楽そのものです。
道東にはこんな魔境のような地が残っていますが
ところでこの湯船はいったい誰が作ってくれたのか???
[ 2012年11月19日 14:00 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(16)

和琴三香温泉

sss-BNE_2319.jpg
屈斜路湖のほとりにある一軒宿、三香温泉に来てみました。
当然ながら源泉そのままの掛け流しで
大きな露天風呂を四つに区切って温度を調節しています。
周囲は自然そのままで、洗い場で小鳥が水浴びしてました。(ホント)

隣の区画はぬるいのか?

看板犬とたわむる。
[ 2012年11月05日 17:47 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(14)

カムイワッカ湯の滝は今

sss-1465f.jpg
超ひさしぶりに、カムイワッカ湯の滝へ行ってきました。
硫黄山の火山活動のため川そのものがお湯になってますが
いまは落石の危険があり以前のように上流までは行けません。
なのでちょっとぬるいのですが手前の湯だまりにて湯浴みを。
それにしても風呂が広いと泳ぎたくなるのはなぜ?


[ 2012年10月09日 21:51 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(21)
プロフィール

boonies11

Author:boonies11
羅臼のえぞばふんうにです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング
PV
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。