えぞばふんうにのひとりごと

羅臼特派員通信・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春待つエゾシカ

sss-_DSC8648.jpg
木の皮をかじって飢えをしのぐエゾシカ
冬眠しないのでエサの少ない冬場はひもじいことでしょう。
なかには冬を越せずに死ぬ個体もあるようです。
あんまり皮がはがされると木も死んでしまいますが
エゾシカも生きるのに必死なんでしょうね。

なんとか冬を越したぜ・・・

ウトロで群れ発見
[ 2016年04月02日 08:48 ] カテゴリ:どうぶつ | TB(0) | CM(10)
確かに 鹿さんには死活問題ですわね!
うちは 猿が同じく木の皮をはいでいます
猿さんは 可愛げがないから・・・
なんだ!馬鹿野郎!!的な目つきは好きになれません 
人間としては 何が正しいのかは判断がつきませんね・・・

[ 2016/04/03 00:24 ] [ 編集 ]
エゾシカは冬眠しないんですね。
木の皮を細々と食べてしのいでいるなんて自然の中で生き延びるのは厳しいですね。
我家のあたりでは台湾りすが木の皮をはいで食べているようですが。。。
雪の中で暮らすエゾシカ。
こちらも冷たい雨が激しく降るときはすずめや野良猫やらはどうしているのだろうと思います。
どちらも生き抜くのは大変ですね。
冷えてきたので甘酒で温まろうかななんて思ってる自分が申し訳なく思えてきます。
[ 2016/04/03 06:13 ] [ 編集 ]
イノぶた さん
なんと!サルですか。生意気なんですね?きっと徒党を組んでキキーーーッとかいって人間に牙をむいたりして。食べ物を奪おうとしたりして。北海道にサルはいないので、私としては新鮮ですが内地の人としては危ないですね。子どもとか年寄りとか。どっちにしても人間と野生動物の関係はいろいろと考えることがあるようです。
[ 2016/04/03 09:23 ] [ 編集 ]
soraumi1013 さん
ほーsoraumiさんのところは台湾リスですか。リスだと小さいので影響はそんなにないかもですね?確かに海が時化ているときはアザラシは大変そうだとか、雨のときはトリはどこにいるのか、とか時々思いますね。今日は雨なので私も甘酒飲みながらヌクヌクしようかな~。
[ 2016/04/03 09:28 ] [ 編集 ]
鹿つ問題
春先の林の中は丁度鹿の口の高さの皮が剥ぎ取られていますね。
あんな固い皮まで食って何とか生き延びるんですね。
北海道の冬は本当に厳しいですからね。

ところで、この雄鹿の立派な角、これから落ちて生え変わるんですか?
[ 2016/04/03 12:29 ] [ 編集 ]
お星様
木の皮なんか食べて消化するんでしょうかね〜。人ごとながら心配です。でもフンは黒豆風ですから大丈夫なのか・・・。雄鹿の角はこれからの季節でポロっと落ちます。昨年は5本ほど拾いまして物置に安置しています(@_@)
[ 2016/04/03 17:22 ] [ 編集 ]
北国の春
北国の過酷な自然を生き延びた生き物たちは皆逞しいですね~
大きな身体を持った鹿達が木の皮の様な物で生き延びる事が不思議です。
北国での春は命の春としての重みが違いますね~ e-463
[ 2016/04/04 20:17 ] [ 編集 ]
★道楽★ さん
ひもじいことは間違いなさそうですよね。以前は食べないとされていたハマナスの木の皮なんかも食べているそうです。トゲだらけなんですけどね~。今年羅臼では鹿の目撃は少なくなってきました。駆除の効果が出ているのか・・・。
[ 2016/04/04 21:20 ] [ 編集 ]
シカも食べないと生きていかれないのでしょうがないですが、木の皮ばかり食べるという贅沢をやめて1本狙いを定めたら芯まで食べればいいのですが・・・。
[ 2016/04/05 12:58 ] [ 編集 ]
焚火人 さん
ほんとにね~皮ばっかり喰って結局枯らしてしまうんですからね。冬眠するわけにもいかないんでしょうし・・・なにかとゆるくないです。
[ 2016/04/06 12:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

boonies11

Author:boonies11
羅臼のえぞばふんうにです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング
PV
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。