えぞばふんうにのひとりごと

羅臼特派員通信・・・
えぞばふんうにのひとりごと TOP  >  スポンサー広告 >  おんせん >  残雪の出湯で頭寒足熱!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

残雪の出湯で頭寒足熱!

sss-DSC_7883.jpg
飽くなき探究心できょうも道東の野山をゆくえぞばふんうに。
今回はまた愉快ないで湯を見つけましたよ。
適温だったので入る気満々で脱ぎましたが、泥が凄すぎてどうしても入れず。
不本意なれど足湯のみにとどめておきました。
[ 2012年04月22日 20:38 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(13)
こんちは~
お~ 成程、熱でその場所だけ融雪してるんじゃね!
融けた雪が落ちて湯を濁らせてるんですかね?
折角だから泥パックも良かったんじゃあないんでしょうかねぇ~
って事で、今日も Happy !Bye. v-221
[ 2012/04/23 12:49 ] [ 編集 ]
★道楽★ さん
泥パックもちょっと考えたんですが、要するに怖気づいてしまいました・・・。今回は完敗でしたが次は負けませんよ!(謎)
[ 2012/04/23 13:09 ] [ 編集 ]
適温 適所?
41.9度とはまるで計ったような温度、適温ですね。
しかしいたるところでHOT SPAが出現するとは
知床流石ですねえ。
雪の庇が落っこちてきそうですが・・・
[ 2012/04/23 15:35 ] [ 編集 ]
お星様 さん
写真を撮った日は天気が良くて気温があがったので、雪庇のきわからぽたぽた水がしたたってまして撮影は大変でしたが、まだ厚みがあるのでどさっと落ちるほどではなかったようです。このあと雪庇のうえを歩いて帰ったのでした。
[ 2012/04/23 18:08 ] [ 編集 ]
えぞばふんうにさん   こんばんは♪

いつもありがとうございます♪

温泉が沸いてるのに雪の屋根不思議な光景です。
泥が多く入れなくて残念で足湯でも体はポカポカ
温まりましたね。
[ 2012/04/23 19:53 ] [ 編集 ]
こんにちは~
服を着ていると、ごくごく普通のお方でありますね。
[ 2012/04/24 10:10 ] [ 編集 ]
柴犬ケイ さん
そうですね、ホントは雪がどっさり積もってるはずのところですが地熱でぽっかり空間があいたようです。足を温めると身体がポカポカしますね!

yuchan さん
一応普段は服を着ておりますが、油断すると脱いでしまうので要注意です(謎)。
[ 2012/04/24 12:32 ] [ 編集 ]
こんにちは。
えぞさんの秘湯紹介毎回楽しみにしてます^^
さすがにこのどろどろでは、入るのは無理ですね^^;
[ 2012/04/24 16:23 ] [ 編集 ]
真似出来ないです(;一_一)


すごいです
[ 2012/04/24 21:07 ] [ 編集 ]
お疲れさまです。
自宅のお風呂使ってますか?
あ~羅臼にいきたーい!!
[ 2012/04/25 06:29 ] [ 編集 ]
あるちゃん さん
そうですね~上がったあとのことを考えると、物凄い状態だろうと容易に想像できまして・・・完敗です。入ったほうがネタ的には面白かったですね。

湖の麓より さん
ここに足を踏み入れたのは私で二人目くらいだと思います。

くまきち さん
ちょいとくまきちさん、3月に遊びにくるって言ってたけど、やっぱり忙しい感じかい?休みの日にでも来てよ。
[ 2012/04/25 18:42 ] [ 編集 ]
ん~色と湯の量からして ちょっと無理っぽそうですね 笑)
お湯の熱で かまくら見たいになってるのかな?
ちょっと低いから 頭が冷やされちゃったかな 笑)
[ 2012/04/25 20:19 ] [ 編集 ]
イノぶた さん
そうなんです、どうやら地熱で雪が溶けてドーム状になったようなんです。実は他にもドーム状になってるだろうポイントがあるんですが、行くタイミングが難しいんです。雪が多すぎても溶けすぎても、さまにならないので。
[ 2012/04/25 21:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

boonies11

Author:boonies11
羅臼のえぞばふんうにです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング
PV
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。