えぞばふんうにのひとりごと

羅臼特派員通信・・・
カテゴリー  [ おんせん ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

川湯アートイン極寒芸術伝染装置で入浴???

sss-DSC_4204.jpg
冷え込みキツい今日この頃・・・羅臼は氷点下9度、寒さが骨身に沁みます。
関東などでも降雪とのことですが皆様お住まいの地域はいかがでしょう。
こんな寒い日は温泉で身体を芯からあっためたいですね!
川湯のアートインというホテルで湯浴み中のえぞばふんうに
ここは元は拓銀の保養所で、なにかとアートな活動をしているようです。
温泉はとにかく素晴らしいの一語に尽きます。川湯サイコーだよ~!

なにかとゲージツ的な館内
スポンサーサイト
[ 2016年11月24日 21:43 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(8)

モール泉満喫!小清水町 原生亭

sss-_DSC7632.jpg
小清水原生花園のそばにあります、こちらの原生亭さん
古くてこじんまりした温泉とはいいながら・・・
道東に数あるモール温泉のなかでも屈指といってよいでしょう。
芳醇な香り、ヌルヌル感ともに玄人好みと申しましょうかね~ハイレベルです。
もう浸かりすぎてヘロヘロになりましたが、外は雪。
ゆっくり身体を冷ましてから帰りました~。

ひさしぶりに浮かんでみた(爆)

ここもモール泉ですね
[ 2016年11月11日 20:49 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(8)

阿寒湖温泉 弁慶の足湯

sss-_DSC7074.jpg
阿寒湖温泉街の片隅にある足湯。湖の眺めも良く、無料ながら
寒くなってくると訪れる人もあまりないようでひっそりしてます。
こちらの足湯、弁慶の足湯というそうですよ。
弁慶さんといえば、てっきり立ち往生したものとばかり思ってましたが、
秘かにこんなところまで来て足湯につかっていたとはね~!
やるな弁慶~~~!
[ 2016年11月07日 19:57 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(8)

道東の極楽湯につかる

sss-S4Q_2279.jpg
またしても怪しい湯につかる、野生の男えぞばふんうに
温度は計ってませんがほぼ適温ですね~40度ってところでしょうか?
湯だまり中央の大石が少々じゃまですが、お湯もきれいで快適です。
アアあまりにも極楽すぎて・・・あやうく極楽浄土に昇天しそうになりました。(ナゾ)

さあ上がるよ~!

過去記事の近くなんです。
[ 2016年10月14日 18:20 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(6)

湯気にけむる足寄温泉

sss-IMGP3134.jpg
帯広に程近い、足寄町
ここは羅臼と札幌方面を結ぶ中継地点のひとつです
よくここでご飯食べたりするんですけど、
ドライブの一休みをかねてちょいと入湯するのもまたオツなもの
黄金色のお湯はえぞばふんうにのお気に入りなんです。
でも残りの道中で眠くならないように注意しないとね

残雪の足寄温泉全景
[ 2016年09月23日 22:55 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(2)

地獄の尻湯で美尻獲得

sss-_DSC4444.jpg
荒野のただなかに尻湯を発見しました
まあ発見っていってもワタシの手掘りなわけですけどね
先日の冷泉よりずっと快適ですよ。湯温は38度ってところでしょうか
お湯は硫黄の成分が濃厚に感じられますね~~~
ああ尻だけ美肌になったらどうしよう・・・???
[ 2016年09月05日 21:12 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(8)

別海クローバーハウスとテルテル坊主

sss-234113.jpg
台風の波状攻撃で雨が降り続いております北海道
いまは町内の一部で避難勧告なども出てますが
先日は雨の合間をぬって別海町まで足をのばしました。
ここクローバーハウスはレストランも併設されてまして、前から気になってました。
温泉は真っ黒なモール温泉だったんですね。あったまります。
それにしても窓辺にいるべきテルテル坊主が温泉に・・・まだ雨続くかな~?

標茶でもモール温泉が。
[ 2016年08月21日 10:42 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(8)

冷たく白い滝壺と、震える黒い男

sss-243740.jpg
硫黄の匂いと、白く変色した岩盤。温泉兆候発見~~~
がしかし!手をつけてみたら、こりゃしゃっこいわ~。
10度以下かな?どうやら温泉でなく冷泉のようですが・・・
ハッと気がついたら、全裸になってました。
一応入りましたが、あまりにも寒くて・・・心臓止まるかと思いましたよ。

全景だよ

ああ~しゃっこかった!
[ 2016年08月15日 17:24 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(10)

源泉独り占めおサルの入浴

sss-S4Q_2232.jpg
ブログをご覧の皆様、いつもお世話になっております
道東温泉探索人、えぞばふんうにでございます。サルではありません。
汲めども尽きぬ道東の野湯、今回もまた狭いながらも楽しい湯を堪能中
こちらは羅臼からはちょっと遠征になりましたが、道東圏内です
ん~~~川の音もすがすがしく心身ともにリフレッシュ~
これからもまだまだあくなき探求心で頑張っちゃいますからね!

看板がかかっている???

ちょっと熱いので川の水を・・・。

この温泉の、そばです。
[ 2016年06月10日 22:35 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(4)

最東端の湯で寝る

sss-_DSC1550.jpg
日本最東端の温泉、相泊
先日行ってみましたら、シケの影響でしょうか。浴槽埋まってました・・・(T_T)
でもでも、良くみると、もしかして寝て入るにはちょうどいいのでは???
というわけで、周りに人もいないので即入浴です。
あああ~こりゃタマらんわ。適温。極楽入浴独り占めとあいなりました。

相泊温泉 過去ログ
[ 2016年06月07日 21:09 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(8)

お待たせ~!ワイルドすぎる入浴

sss-_DSC9159.jpg
フラフラと残雪の山歩き・・・なんとあらたな湯を発見!
大きな石が手ごわいとみて、わざわざバール持参で出直しました。
おかげで下半身が浸かれるくらいの湯船が出来ましたよ~。
お湯はドロドロに見えますが、じっとしてると沈殿して透明なお湯になります。
ん~快適。なんだか日本酒でも飲みたくなってきました。

森を歩くハダカのけだもの!
[ 2016年04月11日 08:34 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(14)

川湯で日帰り雪見風呂

sss-_DSC6486.jpg
弟子屈町の川湯地区にあるホテルパークウェイさん
泉質は川湯の強烈な酸性の温泉とは違って、マイルドな重曹泉ですね。
わずかなとろみがあり、うっすらと茶色みがかっています。
えぞばふんうにも時々利用しますが、雪の露天風呂はご覧の風情
長湯間違いなしの温泉、この冬あなたもいかがでしょう???

こちらは別カット
[ 2016年02月13日 20:45 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(3)

糠平温泉 湯元館

sss-IMGP0358_20160114211614387.jpg
真冬日の続く道東、羅臼もだんだん雪が積もってきました。
今回は羅臼からは少々離れた上士幌町にある糠平温泉です。
ここ湯元館の先々代が大正8年に原生林のなかで発見したっていうんですよ。
盛り上がったでしょうね~。
ワタシだったら飛び上がって舞い踊っちゃうかもしれません。

打たせ湯もありますよ。
[ 2016年01月14日 21:38 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(11)

富士温泉でミラクルショット!

sss-IMGP3075.jpg
標茶町は知らない人も多いと思いますが実はひそかな温泉天国
今回お邪魔した富士温泉は市街地にある天然のモール温泉
近所のお客さんがひっきりなしです。
混んでるので撮影は無理かな?と思ったら奇跡的に無人状態に
おまけに窓からの射光がえぞばふんうにを直撃ですよ!!!
キラリ!ミラクルショットいただきました~~~。

朝風呂もやってるんですよ

温泉過去ログから。ここも標茶です
[ 2015年12月19日 17:52 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(9)

野趣満点秘湯に遊ぶ

sss-223041.jpg
ゴツゴツとした岩石に囲まれ、湯浴み中の妖精・・・じゃなくて原始人。
手ごろな岩をキン隠しとして活用しています。
ここはホントはダイナミックな景色が楽しめるところなんですが、
もろもろの大人の事情により、写真をトリミングしてますのであしからず。
それにしても野外で素っ裸になるのはキビシい季節になってきたようです・・・。
[ 2015年12月03日 21:55 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(12)

地獄の釜を開いてみれば

sss-_DSC2626.jpg
怪しき湯を求め、ときに山奥に分け入るえぞばふんうにですが
さすがにこのお湯は熱すぎて入浴は無理でしょう。
ボッケといって、グツグツと泥が煮えたぎっているところです。
温度はなんと90度以上あるそうですね。
紅葉も散ってることだし、これはどうやら見て楽しむ温泉ってことでね。
[ 2015年11月02日 19:20 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(9)

秘湯に入る森の住人

sss-_DSC2404.jpg
秋深し。えぞばふんうには道東のとある沢にて湯浴み中です。
笹藪の中にある小さな流れなので、見晴らしはイマイチ。
ですが流れの温度は40度ほどと適温です。
今回は付近にたまっていた泥と落ち葉で堰を作成しました。
それにしても、森に抱かれつつのマッタリすぎる入浴・・・
もうなんといいますか、森の一部といっても過言ではないでしょう。

入浴後は、落ち葉の堰を破壊!!!
[ 2015年10月12日 21:32 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(11)

清里温泉 緑清荘

sss-010_20150909143505f3b.jpg
清里町にあります緑清荘さんにて入湯・・・
設備が整ってますが、源泉掛け流しですね。
お湯はコーヒー色ながらモール温泉ではなく、食塩泉とのことです。
あったまるイイお湯ですよ。
いつもは地元のおじさんたちが、農作物のハナシなんかしていますが、
今日はすいているようで、うまいこと撮影できました。

休憩室でファイターズを応援する地元の民
[ 2015年09月09日 15:00 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(10)

あいも変わらず温泉三昧の巻

sss-2326.jpg
皆さんお元気ですか~なんだかしばらくぶりですね~~~
活動再開一発目は、やはりマル秘の湯でまいりましょうかね。
なんとなくハート型の湯だまり・・・湯加減もばっちりです。
この夏猛暑にうんざりしてるかたも多いと思いますが、
ワタシのブログなんか見てるとよけい暑苦しくなるかもしれませんよ?

冬も入浴済みだったりして。
[ 2015年08月10日 21:31 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(16)

山奥の一軒宿で温まる

sss-S4Q_2698.jpg
上士幌町の幌加温泉湯元 鹿の谷(かのや)さんは
山奥の更に奥のほうにある一軒宿です。
ここの露天風呂はね~もう大自然に抱かれる感が強烈ですよ。
内湯も3種類の泉質が楽しめるというんですからね。
お婆さんが一人で宿を守っていますが冬も営業しているとのこと、
こりゃ冬に泊まって、夜しんしんと降る雪の中でってのもオツですな~。

打たせ湯だよ~~~!
[ 2014年11月25日 16:57 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(12)

初冬の秘湯 

sss-BNE_4181.jpg
寒風吹きすさぶ季節になりました。
羅臼も今日は雪が降っておりましたね~・・・とはいいましても
室内でじっとしているのもアレですので、外で裸になってみました。
ここはほぼ適温ですが、湯の中に藻などが多く、罰ゲームっぽい雰囲気
そこを意地になって気持ち良さげに入るのがえぞばふんうに流といえましょうか。

皆さんも入浴時は慌てずにね。
[ 2014年11月17日 20:00 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(8)

標茶町の味幸園は中華料理屋ではないのだ

sss-IMGP2740.jpg
味幸園(あじこうえん)・・・思わずチャーハンを注文したくなりますが
じつは!道東一を自認するモール温泉なのです。
濃いコーヒー色のお湯はつるつるスベスベで気持ち良いですね~
案の定人気の温泉らしく、お客さんの絶え間がありません。
味幸園というネーミングの謎は残るものの、温泉は質が命!
ゆっくりあったまっていきましょう・・・。

この人はチャーハンをたのんだのか???
[ 2014年11月07日 18:47 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(10)

雌阿寒温泉 野中温泉別館

sss-S4Q_0316_2014100418240379a.jpg
せんだって登った雌阿寒岳の麓にあります雌阿寒温泉
野中温泉別館は露天風呂もありますが内湯がフンイキものです。
全体が東北の湯治場っぽい総木造り!北海道ではちょっと珍しいかも?
源泉からドバドバと注ぐ湯に入ってすっかり英気を養うことが出来ました。
そして名湯に名犬あり。さんざん遊んでもらいました~。

ネコもいるのよ。
[ 2014年10月07日 18:45 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(14)

崖上のちょっと変わった半身浴

sss-S4Q_4166.jpg
半身浴といいますと、通常は下半身だけお湯につかることを指しますが、
私の場合、身体の後ろ側だけあたたまることで半身浴と。
なんせ浅いんで、普通に入ったらシリとタマしかあったまりませんからね。
ここは崖の上にありまして、海をみおろす絶好のロケーション
そして適温。は~~~苦労して辿り着いた甲斐があったわ。
[ 2014年10月01日 20:47 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(15)

森のなかで熱湯と闘う!

sss-S4Q_2686.jpg
久しぶりに森の探検!沢を遡って怪しき温泉地帯に到達しました。
もう付近は湯気がたちこめています。
ちょっとお湯が高温すぎますが無理しゃり入ってみました・・・。
ときおり底の岩盤から熱湯が尻を直撃するものの
なんとか腰下入浴完了~~~!
ああやっぱりマル秘の湯最高~~~!!!

入浴前・・・おそるおそる・・・。

ダ~~~あちちち!!!
[ 2014年09月07日 00:03 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(18)

怪しいお遍路さん湯に浸かる

sss-BNE_2632.jpg
お遍路さんに扮したえぞばふんうに、温泉に浸かるの図。
知床は岩尾別にあります木下小屋の露天風呂です。
お湯の流れる音と鳥の声しか聞こえませんが
赤とんぼがときおり飛んできます。どうやら夏終了っぽいですね。
えぞばふんうにの夏はまだ終わらないけどね!(謎)
内湯(女湯?)は熱くて少々のぼせ気味となりました~
[ 2014年09月03日 08:15 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(9)

網走湖鶴雅リゾート北天の丘

sss-IMGP2416.jpg
おかげさまで好評連載中の温泉シリーズですが
温泉初心者の皆様にとっては野生的すぎるというか、ほとんど異次元だと。
そこで今回は初心者でも入浴可能な温泉にきてみました。
鶴雅リゾートだけあって施設やサービスは一級品です。
岩盤浴なんかも満喫したりして、たまにこういうのも悪くないですな~。

野生的すぎる、一例。

ほとんど異次元な、一例。
[ 2014年07月19日 16:34 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(9)

黄金の湯に浸かる男

sss-DSC_8055k.jpg
密林に人知れず流れる黄金の川・・・なんとナマぬるいじゃないの!
黄金の色は温泉成分が川床に堆積したのかな???
そしてふと気がついたら服を脱いでました。(謎)
温度は30度弱といったところでしょうか、ちと適温とは言い難いものの
野性味あふるる入浴、堪能しました〜〜〜!
[ 2014年07月06日 20:30 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(11)

マル秘の湯で夏を乗り切れ!

sss-S4Q_2191.jpg
日本全国的にみると暑くてタイヘン、というところも多いことと思いますが、
道東は爽やかな初夏といったところでしょうか。いい季節です。
こうしてひと気のない風呂に浸かっているとひとしお感じます。
ここはどなたかボランティアで清掃されているようでとても快適。
ありがたし。羅臼からはちと遠征になりましたが、ぜひまた来たい!
そう思わせる素晴らしい湯でございました。
[ 2014年07月03日 17:19 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(9)

屈斜路湖畔 仁伏温泉にて

sss-2367.jpg
屈斜路周辺にはあったまる良い温泉がたくさんあります。
ここ仁伏温泉もそのひとつといえましょう。
湯船の底には湖の北側碁石浜の玉砂利が敷き詰められていまして
これがね~足の裏を刺激してすこぶる気持ち良いわけです。
ああまたしても長湯とあいなってしまいましたよ。
[ 2014年06月21日 00:35 ] カテゴリ:おんせん | TB(0) | CM(4)
プロフィール

boonies11

Author:boonies11
羅臼のえぞばふんうにです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング
PV
おきてがみ
おきてがみ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。